どういう子に来てほしいか。

塾開業

泉丘・二水を受ける子が、

出来立てホヤホヤの、

なんの実績もない塾に来るとは思っていない。


だから、最初からそういう層に来てもらおうとは考えていない。


いや、来てほしいけど、来ないじゃん?笑


そこでまず、

来てほしいのは平均点行くか行かないか、

出来ればもうちょっと取って欲しい。


そういうおうち。


定期テストで250はいくけど300はいかない。


出来れば300点以上は、

少し欲を言えば350点以上を取って欲しい。


そう思っているおうち。


高校も、せめて西には行ってほしい。


出来れば錦・桜。


もちろん本人がその気なのが前提だけど、

そういう子を伸ばしたい。


今は点数足りないけど、上に行きたい!


そういう子を徹底的に伸ばしてやりたい。




嬉しいんだよね。


信じられないくらいの点数取って報告くれる時の、

キラキラした顔。


でも何より、

それが塾の1つの意味だと思うんだ。


平均点行ったり来たりの子が、

いつの間にか400点越えた。


西に行けたら・・・って思ってたのが、

桜や錦を真剣に目指すようになった。


これでこそ、塾の意味があるくない?


まさに、成績上がって見える世界が変えられたんだから。




『上位に食い込みたい中間層』

彼らを上位に食い込ます!


これが最初の目標だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました