へぇ!めっちゃオモロいですね!

塾長の叫び

ある高1生に三角比について質問を受けた。


数学ではなく物理で先にやっちゃうと、なんだかよく分からないまま進んじゃうってパターンがよく起こるんだよね。



だから、そもそも三角比って何なん?という話を少し。




「へぇ!めっちゃオモロいですね!」





そうそう、オモロいんだよ♪



数学に限らず、勉強っておもしろいんだよ♪





でも、その面白さに気付く前にキライになったり、何かで挫折したりする人が少なくないのが悲しい。






そしてそうなった事への言い訳みたいに「こんなの習って将来、何に使うんですか?」なんて質問をぶつけてくる子もいる。




知識ってね、実際に使うか使わないかって、そこまで大事じゃないんだよ。




勉強をしていくとものの見方や考え方、価値観に軸が出来てくる。




多くの知識を持っているってことは、それだけ多くのものの見方や考え方、価値観が備わるってことだね。




それは間違いなく、人間的な「深み」に繋がる。



「深み」を持つ人はそれだけ、豊かな生活を送る可能性が高まる。




豊かな、というのは単にお金持ちっていうことじゃないよ。




それも含むけど、幸福度というか、何かに意味や価値を持たせられるというか、同じものを見聞きしても多くのことを感じられるというか。



そしてそれは当然、仕事の成果にもつながっていくものだし。




そもそもこういう小難しいことじゃなく、

単純に「誰もが楽しいと思えるこの世で唯一のもの」なんだけどね、勉強って。

タイトルとURLをコピーしました