ほぼ、労力の差。

塾長の叫び

そんな話を、最後にした。







能力じゃなく、労力の差。










労力とは、時間と意識を使うこと。








今までのその差が、

今の結果として表れているだけ。










ならばこれから労力を使えば、

必ず変わっていくって事。








労力を使えばそれだけ、

受け身じゃなく能動的に動ける。









だから、


「こうしたらいいんじゃない?」

とか


「こういう事だよ」



とか、そんな話が入りやすく、


また自分から求めるようにもなる。









労力の差。






時間と意識の差。







僕が作ってるテストは、


その差の存在を知り、

その差を作っていくキッカケでしかない。











だって労力の差を作り出すのは僕ではなく、

塾生自身なんだから。

タイトルとURLをコピーしました