まずはじっくり読むこと。

塾長の叫び

模試の国語大問2・3をじっくりしゃぶること2時間超。




実戦ではこれを30分で解ききらねばならない。




入試をクリアするにはスピードアップは必須である。




文章の意味を掴みながら早く読む。




実際は問題を解く時間も必要だから、1つの文章を「読む」のにかけられる時間は




5分




である。




が、いくら早く読もうとも、分かってないんじゃ意味がない。




早く正確に読む。




そのためにはまず、何時間かかろうが1つの文章を完全にモノにする事から始まる。




時間は無視して確実に読み、そのクオリティはそのままにスピードアップさせる。




この順序ね。

タイトルとURLをコピーしました