もう1人、例を挙げようか。

塾長の叫び

うめざわ塾は土曜日、受験生のみ14〜22時としている。




間には晩ごはん休憩の30分があるだけだから、7.5時間か。






夏、彼は石川高専C判定・二水D判定だったかな。





そこからジワジワ上げて二水B判定、

先の統一テストでも二水可能圏に十分食い込んだ。








「明日、10時に来ていいですか?」







こういう事だよ。



セルフ1010だ。








入塾以来、彼の集中力は半端じゃなかった。





それでも、クラブチームがまさかの北信越まで勝ち上がったことで、

引退は一番遅かった。








しかし、その逆境を跳ね返してきた。





彼がやったのは「勉強時間を作り出す」という努力だ。






強制ではなく、常に能動的に。






僕はさっきの言葉に、特に驚かなかった。




割といつもの事だからだ。








部活があろうが、

冬前まで引退がズレ込もうが、

そんなのはただの言い訳に過ぎない。









詰まる所、

どれだけの思いを持って、

どれだけの行動を起こせるか、である。








自分は努力していると言い切れるなら、

どれだけの事をしてきたか思い返せばいい。










どれだけの行動を「自身で」起こしてきたか、

その量だけが結果を変えてくれる。

タイトルとURLをコピーしました