やってみると道が開ける。

塾長の叫び

1週間前までだったら、

午前中に走るなんて考えられなかった。







えー



いややー



走りたくなーい



しんどーい



ねむたーい














でも今日、

本当に自然と「走るか」となった。





なぜそうなったかと言うと、


「運動し始めたから」

である。









痩せなければ



運動せねば




から始まり、






ブログに書けばさすがの僕もサボらないだろうと思い





やってるうちに汗をかく事に慣れ



夏の日差しにも慣れ



体力も多少ついた。







そして体重計の数字をもっと減らしたいと思った。









こうして


「痩せたい」





「走るのしんどい」


を上回った瞬間が訪れた。









最初に、

「とりあえず歩くかー」が無ければ、


絶対に訪れなかった瞬間である。















始まりは危機感でも義務感でもいいと思う。





なんでもいいからやってみて、

しばらく我慢して続けてみると、

ちょっとだけステップアップしてたりする。






何かを成し遂げた人はきっと、

これをずっと「継続」してるんだろうなー。










ただ、







まずは「始まり」が無いと「継続」も無いのである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました