やらせてみて分かった、長と短

雑談

ムスメは4歳からく○んを始めた。




そこの先生は信頼しているし、おかげでムスメも「おべんきょう」が好きになった。




最近、たし算ひき算をクリアして九九に入った。




このことに僕もヨメも、喜ぶどころか危機感を感じ始めた。




概念習得がまだ・・・




計算を「処理」としてスムーズにこなす力は間違いなく役に立つ。




僕も何度く○ん出身者の計算力に舌を巻き、羨んだことか。




でも。




少なくともムスメは、たし算ひき算はどういう時にどう使うのか、そこがまだまだ未熟だ。




だから危機感を抱いた。




とは言え、当分は辞めるつもりもない。




ムスメも楽しそうだし、やっぱりく○んで身に付く計算力は侮れない。




ならば。




僕らの行動をパワーアップさせねば。




これはおそらく、その信頼する先生もそうだろうし、僕が逆の立場でもそうだ。




「ぜひ、どんどんパワーアップさせて下さい。」




「任せっきりにはしないで下さい」




「親御さんがいかに関わるかが一番大事ですよ」




さぁ、概念習得は会話からだ。




色んな会話でく○んと並走していかねば。

タイトルとURLをコピーしました