やりたくない事は後回し。

塾長の叫び

中3生には日々、僕からの課題が出される。




内容はその子その子で違うし、軽い時も重い時もある。




中には




やりたくない事は後回し




という姿勢の子もいる。




やりたくない=時間のかかる、でもある。




そしてその姿勢は成績に顕著に現れている。




反対に、やりたくないケド頑張る、という子もいる。




最初はしんどいけど、毎日やっているうちに時間はかからなくなってくる。




そして確実に理解度が増している。




大人になって仕事をするようになった時、




時間のかかることをいかにコツコツ進めるか




それが成果や報酬、余暇に直接に影響してくる。




塾生にはみんな、能力の差こそあれ、それぞれでき得る限り豊かな人生を送って欲しいと思っている。




その鍵が「日々の行動の癖」にある。




入試がリアルに近付いてきた今、その癖を正すチャンスだ。

タイトルとURLをコピーしました