やれなかった。

塾長の叫び

昔。



友達の浪人が決まった時。







「俺の限界だった。やれなかった。」


とその友達は言った。






その言葉、今でも強烈に覚えてる。






彼の言った意味。










限界とは、

能力的に出来るか出来ないかは関係なく、

やれるか、やれないか。





意志と、

それに伴う行動が出来るかどうか、

なんだと。








彼は自分を振り返って言った。


「やれなかった」


と。










意思に、行動がついてこなかった、と。






自分はやれなかったからここが限界だったんだ、と。









そういう事か、と思った。








ついてこない行動を、

意志の力で動かす。







その瞬間、

限界を越えられるんだ、って。











僕はね。









限界は能力的なものではなく、


動くか動かないかで決まる。













そう思ったら何にでもなれるんだ、

って思ったよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました