イソップ、知らないのか・・・

塾長の叫び

今日の古典は「伊曾保物語」より「獅子王と鼠の事」


イソップ物語の「ねずみの恩返し」の古典版。




イソップ物語は安土桃山時代に日本に伝わって、

その頃の「日本語訳」として作られたのが伊曾保物語。




それを今、僕らが「現代日本語訳」をして読むんだからヘンな話だけどね笑






それはともかく、「ねずみの恩返し」を知っていれば「読解」などするまでもなく解ける、という問題。




受験生に聞いたところ、この話を知っていたのは1人のみ。




この子のママ、さすがです!!





ちなみにムスメはお腹にいたころから聞いてました笑






国語ってね、「どれだけお話を知っているか」で差がついてしまうんだよ。



いわゆる「国語力」、いわゆる「読解力」は、

どれだけ問題を解いたか

ということ以前に

「どれだけお話を聞いてきたか」(=「どれだけお話を聞かせてきたか」)

に支えられてるんだ。

タイトルとURLをコピーしました