インクがっ・・・

塾長の叫び

うめざわ塾のプリンターはインク大容量タイプというのを使っている。






要するにインクカートリッジがデカイ、

ただそれだけなんだけど、

うちみたいに鬼のようにプリント出す所ではランニングコストが安くつく。










まぁ大容量タイプとはいえ、

そのうちインクは切れるわけで、


いつそうなってもいいように予備のカートリッジも準備してある。








1つにつき3000枚印刷可能らしいからこれで安心♪










とはいかなかった。








今日、

今しがた、

ついにインクが切れた。









むふふ








予備があるもんねー♪








いそいそとカートリッジの封を開ける。














・・・んな!?
















パッケージの中でインクがダダ漏れ!!





パッケージの底にヒタヒタと黒いインクが!!







落ち着け。









落ち着け、俺。









とりあえずティッシュだっ!!










大量のティッシュを手に、

黒インクにじっくり漬け込んだカートリッジを取り出す。






さらに大量のティッシュでカートリッジを包み、


拭き取れるだけ拭き取る。










幸い、

中身はまだ残ってるみたい。










まさかカートリッジを黒インクで漬け込むタイプとは思わなかった。(違う)














かくして、

たぶん残り1500枚分をプリンターに突っ込み、

印刷再開。










さて、








あとはこの、

ヒタヒタパッケージをどうするか、

だな。












そうか。









1500枚分くらいがここにあるとしたら、

ティッシュ1500枚使えば処理出来るのか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました