エア・音読

塾長の叫び

君たちがやってるのは「黙読」ではない。



「文章を眺めているだけ」だ。



いや、


「文字が書いてあるら辺をぼーっと見ているだけ」だ。



音読はそれを防止してくれる。



そこにある文字は読まなければ前に進めない。



音読を続けていくと「文章を読む」クセがつく。



やがて黙読でも、音読と同じレベルで文字を追うことが出来るようになる。



エア・音読ってなわけね。




このスキルを身に付ければ、間違いなく勉強は上達するよ。

タイトルとURLをコピーしました