ギリギリで受かるくらいならいっそ・・・という話について。

塾長の叫び

志望校の話となると必ずと言っていいほど出てくること。




「ギリギリで受かってついて行けなくなるくらいならいっそランクを落とした方がいい」という話について。




僕は明確にNO!と言いたい。




高校の成績は高校でどれほど頑張ったかによるからだ。




高校入試の順位とその後の順位はほとんど関係がないからだ。




ギリギリであっても合格したなら、その高校について行けるだけの力を持っていると高校が判断したということだからだ。




他にちゃんとした理由や事情があるならいざ知らず、「ギリギリで受かってもどうせついて行けない」という理由で志望校を諦めるべきではない。




もう少しキツい言い方をすると、そういう思考に引っ張られてる時点で第一志望校には受かりっこない。




ついて行けるか心配、じゃなくて何がなんでもついて行く。




というかそもそも、そんな先の心配なんかしても仕方がないじゃないか。




目の前にあるやるべき事に集中!

タイトルとURLをコピーしました