テストで点を取るのに必要だと思う事をやりなさい。

塾長の叫び

今日は実力テストである。




夏休み中、塾生に言い続けた事がある。









「テストで点を取るのに必要だと思う事をやりなさい」




「今の自分がやらないといけないと思う事をやりなさい」








何を、どれだけやるべきか、

塾生たちに任せた。





僕は細かく「あれやれ」「これやれ」と一切言わなかった。





塾生自身が自分の頭で考えて動く事こそ、

もっとも大事な勉強だからだ。












完璧なカリキュラム







計算し尽くした対策プリント







合ってるかどうかを常に隣で見てくれる環境







質問すれば即答してくれる「解説マシン」化した先生












僕は塾生たちをそんな環境に置くつもりは1ミリもない。







せっかくの「学校でテストがある」という成長のチャンスを奪ってしまう事になるからだ。






夏休み中からテストレースを毎日やってきたが、


それは勉強意欲をかきたてるためのもの。





「対策プリント」とはほど遠い。












さて。











みんな、

自分を答案にぶつけてる頃だろうか。







僕はこの夏休み、

ずっと君たちを見てきた。








この夏休みを通して、

自分の頭で考え、


自分の意思で動いてきた子たちだ。








大丈夫、君らは強い。









思う存分、力を発揮してこい♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました