トンカツ坊やの話

塾長の叫び

トンカツ坊やの話って、したっけ?笑






どうだったか忘れたしするね。笑








この前、月曜から夜ふかしで見たんだけど。









あるトンカツ屋の長男くん。



生まれてからずっとトンカツを食べ続けた。


週末にはいつも、

養豚場に行ってたらしい。





そして小学生(たぶん)となった今。







「トンカツを食べればその豚が何をエサとしていたか」

が分かるという特殊能力を手に入れた。











え?







まじ?








肉食ってエサ分かるってヤバくない?笑










実際にクイズ形式でテストされてたんだけど

「米」とか「バームクーヘン」とか、ちゃんと当てちゃうわけ。







信じられる?










この特殊能力、たぶん普通に生きてたら使わないだろうけど、

きっとトンカツ屋さんだったら強力な武器になる、のかな?








いや、分からないけどきっと「この能力のおかげで」みたいな事、

あるんじゃないかなーって。














イチローの言葉で


「たとえどんなに小さい世界でも、1つの事をやり続ければ、その者にしか見えない世界が必ず見える」


と。











彼は、1つやり始めたらひたすらそれをやり続ける質らしい。


聞く音楽ですら、1曲をエンドレス再生するんだって。







きっとイチローは、イチローにしか見えない世界をたくさん持ってるんだろうな。










そしてそれは何かを「徹底反復」し続けてきたからこそ、なんだろうな。










トップアスリートってみんな、同じ事言うじゃん?








「当たり前の事を続けた結果です」って。









僕ら凡人はすぐに効果が出る「魔法のハウツー」を欲しがる。







でも実は、

能力のある人ほど「魔法のハウツー」じゃなく







「当たり前の事を徹底反復」







していたりする。










さらに言うなら、


能力のある人が教えてくれる「魔法のハウツー」ですら







「徹底反復」








しないと意味が無かったりする。









結局、大事なのは







やり始める力








やり続ける力







やり抜く力








だと思うんだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました