ビジターではなくホームで戦うこと。

塾長の叫び

僕にとって、

何かの作業をする上で、

我が家はビジターである。







あらゆる敵が邪魔をしてくるのだ。







ムスメの要求・ムスコの泣き・あぁ皿洗わないと・おっまだ酒があるetc…











これが塾だとどうだろう。






これらの敵が入る余地すらない。







僕にとって、


何かの作業をするとなったとき、


塾ほどやりやすい環境は無いのだ。




もちろんこれは、

精神的なホームとは別の意味である。











学生にとって、

勉強的な「ホーム」を手に入れられるかどうかは、


学力向上においてとても大きな影響を与える。









そして受験生にとっては、


普段の勉強をする「ホーム」な環境とは別に、


決戦を行う入試会場も可能な限り「ホーム」に近付けないといけない。











初めて入る会場、

知らない人の隣に座る席、

得も言えぬ緊張。













それでもそこを「ホーム」に出来るのか。
















あるじゃないか、そこに。













机に置かれた問題とペン。











それこそが、


君の決戦場をホームにしてくれる唯一の手掛かりだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました