ペット

雑談

ムスメが愛して止まない(?)

我が家のペット(??)

















名前は『わんきんくん』



わんきん君なのか、

もしかしたら王金君(中国風)なのかもしれない。





由来は不明だが、

我が家にやってきた時から、

ムスメはこの子を『わんきんくん』と呼んでいる。








『わんきんくん』のお腹にはスイッチがあって、

ONにすると「キャンキャン」鳴きながら走り回る。






可愛さ余ってついついエサ(紙くず)をあげたくなるみたいだ。


3歳でもそういう感情あるんだねぇ。




そのエサ、僕にはゴミにしか見えないんだけど。





まぁ、

可愛がってる(?)からヨシとしようじゃないか。











この子もいつか、

動かなくなってしまう。




その時、

電池を入れたらまた動きだすんだろうけど、

ムスメはこの子を生き物と認識してるのかどうか。







もしそうだとして、

動かなくなっても電池を交換したらまた動きだす、

と思わせてしまわないか。







この前のバッタの件もさる事ながら、

つくづく『命』を教えるのは難しいな、

と思う。







幸い、

我が家の『わんきんくん』はまだまだ元気です。





↓この前のバッタの件↓




そっかー、あんよなおったんだねー
最近我が家のドア辺りに、大きな大きなバッタが住んでた。出勤の時にいて、帰ってきてもいたから、たぶん住んでたんだと思われる。そのバッタ、足が一本無くて、飛べなかったんだって。ヨメ「バッタさん、あんよ無くて飛べないみたい」ムスメ「そっかーままに...




コメント

タイトルとURLをコピーしました