ホントごめん。

雑談

一昨日は保育園で小遠足があった。


ウキウキでリュックを背負い、

歩いたり走ったりしながら、

一緒に保育園へ。





エプロン、

おてふき、

お弁当、

水筒、

おやつを

決められた場所に置いて、

バイバイ。



いつも以上に強いハイタッチ!


楽しんでおいでよ~。









夜、家に帰る。



ヨメ「ねぇねぇ、おやつ2つあったと思うんだけど」


「おん。ちゃんとカゴに入れたよー」


ヨメ「あれ、小遠足用と保育園で食べる用があってね・・・」








「・・・!?」







朝、

確かにおやつ2つ、

カゴに入れた。



でも、

実はもう1つカゴがあって、

公園用と保育園用で分けられていたらしい。




そしてわざわざそれを指摘されるという事は・・・








「遠足用のおやつ無かったんか!?」


ヨメ「うん。先生が上手く誤魔化してくれたらしいんだけど・・・」










ガーーーーーーーーーーン












よりによって、

保育園用のカゴに2つ入れるだなんて・・・



ウキウキで遠足に行って、

そこで食べるおやつが、

ムスメ1人だけ、

無い。










本当に悪いことをした。


あんなに楽しみにしてたのに。


ゴメン。



ゴメンね。



ちゃんと見てたらよかったんだ。



いい加減だった。



ゴメン。










ヨメと相談した結果、

先生がおやつの時間にムスメと遊びに行ってくれたらしくて、

本人はそこまで気にしてない(気付いてない?)みたいだから、

変に謝るとかはしない方が良さそう、

ということになった。



でも、

どうしても気になったから聞いてみた。







「ねぇねぇ、昨日の遠足のおやつおいしかった?」






ムスメ「しゃっくりでてたべれんかったの」









・・・













ふ、ふーーーーーーーーーーーん。








「そ、そっかぁ。それは残念だったねぇ」





ムスメ「ねぇあんぱんまんみる」






お、

おう。










本当にしゃっくり止まらなかったのか?





それともこれは気遣いなのか?







3歳児の言うことだから、

済ませたくない。








でも、


僕にはこれ以上、


話を続ける術が無かった。










テレビのリモコンを押した。

タイトルとURLをコピーしました