ホントによかった。

塾長の叫び

新中1生に3ヶ月かけてbe動詞と一般動詞、

そして超基本単語を習得させておいてホントによかった。






今日、初の英語の授業があったみたいで、



先生「これは小学校で覚えてきた単語やと思うし・・・」



と、教科書冒頭の単語をサラッと進めたらしい。






塾生「小学校で習ってなくて塾でやった単語いっぱいあった」




と。








これから英語の基本中の基本、

be動詞と一般動詞が始まっていくだろう。






ここを落とせば英語はオワル。








去年までは3ヶ月ほどかけてやった内容が、今年からは4ページである。





「小学校で習ってるから」と。








塾で新中1生たちと格闘していれば分かるが、


小学校でやってはいるが「できる」ようにはなっていない。




なんとなく知ってはいるけど、


なんやよーわからんふーんそうなんレベルだ。










この状態のまま、たった4ページでbe動詞と一般動詞が終わって次に進むことを考えると・・・








いやホントに恐ろしい。。。










塾生たち、3ヶ月かけてようやく「分かってきた!」と、

僕から見ても、そこそこ出来てるね、と。










これからはね「危機感を素早く感じる親」が大事になってくるよ。








僕ら以上の世代が習ってきたのとは比べ物にならないスピードと量で英語が進んでいく。






それに対応するには「復習量」である。








ホント、やっててよかった。

タイトルとURLをコピーしました