ヤル気に頼る時点ですでに負け。

塾長の叫び

ヤル気なんてものは幻想。





ヤル気になってるのを待ってるんじゃあいつまでもやらないし、

今日ヤル気になったとしても、

明日ヤル気にならなかったらどうすんの?




ヤル気があってもなくてもやる。











とはいえ実際は、

1人で、

ヤル気もないのに、

何かをやり続けるなんてのは至難の業だよね。









僕もそれは身をもって体験してるから分かる。




だからこそ、

学校とか塾とかで、

先生や友達から刺激をもらって、

今日の行動を起こすしかないんじゃないかな。







ただこれも、

刺激を受けた所で、

家に帰って何もする気にならなければ意味がないんだけど。








ならば、

有無を言わさず勉強を強制させられる(させてくれる)場所に身を置くしかない。











うめざわ塾はそういう塾。









ヤル気に頼らない。



最初にやると決めたなら、

何があってもやり通してもらう。









仮に「ヤル気」とやらがあるんだとしたら、

それはやり続ける中で出てくるもの。



やりもしないのに「ヤル気」が湧き出て成績UPを期待するのは、

舞空術を練習して空を飛ぼうとするくらい無意味。

(僕も小学生の時にした。

 ビーデルさんのマネをして、座禅組んで気を集中させて。

 ちなみに人差し指に気を集中して霊丸の練習もした。

 ちょっとだけできた気がした(嘘))










実際塾生たちはみんな、

ヤル気マンマンで入ってきた、

とは言えない子ばかり。









だけど、

やっていく中で(やらされていく中で)、

勉強のクセがつき、

前よりも確実に出来るようになり、

テストで想像以上の結果が出て、

通う前とは格段に勉強へのエネルギーに満ちている。







そこにあったのは、

最初の1歩を踏み出す勇気のみ。









踏み出してくれさえすれば、

あとは僕が全力で走らせるよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました