ルターとカルバン

勉強とか

社会で紛らわしい人物No.1のルターとルソー。








ルターは宗教改革で、





ルソーは啓蒙思想で出てくる、



全くの別人。








出てくる時代も、




やった事も、





顔も全然違う。






でも名前は一文字違い。








受験生泣かせ以外の何ものでもない。笑
















社会って紛らわしい名前多いよね。



すごく気持ち分かる。





そういう時は覚える時に、

繋げて覚えちゃったらいいんだ。










宗教改革は「ルター」と「カルバン」




じゃなくて、




「ルターとカルバン」



って。





分かる?





この違い。笑












むしろ



「ルタートカルバン」



くらいの勢いで覚える。















「ルタートカルバンルタートカルバンルタートカルバン・・・」








フランスの啓蒙思想家は?





「ルタートカルバンじゃない方!ルソー!」




って答えられたら合格。












同じ事で2つ以上覚えないといけないとき、


一単語化してしまうというのは、


意外と便利だよ。



思い出しやすく、間違えにくくなるから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました