一番伸びるのはいつか。

塾長の叫び

講義を受けたとき?




解説してもらったとき?




違う。




自分で問題を解いたとき




である。




僕ら塾講師はプロだから分かりやすく教えることは得意だし、




ポイントを絞って、試験に出やすいところを強調して、もしくは理解の邪魔をしているところを見抜いて丁寧に、あるいは理解できてるからサラッと流したり、




その辺りの緩急はお手の物だ。




だから子どもたちの頭にスルッと入る。




しかし




それで「出来るようになった」とは言えない。




頭に入ってきたことを、そのまま出せるかどうかを問題で試してみて、




上手くいかなくって、理解し直して、これからはすぐに正しく出せるようにもう一回、もう一回、と。




適度な解説はもちろん必要だけど、それ以上に




自分で問題を解く=演習




の時に学力は伸びる。




これがうめざわ塾の「超!演習!」だ。

タイトルとURLをコピーしました