上位の子が押さえている「勘所」

塾長の叫び

自分はこうだから、こうしたら取れるだろう




クラスなり学年なりで上位に入る子は必ずといっていいほど、




こういった勉強における「勘所」を知っている。




それは人それぞれ違うから、一概に「こうだ」とは言えないんだけど、




そういう子たちは共通して




勉強量が多い




のである。




人より多い勉強量を、人より長く続けてきていて、




その中で「どうすれば上がるんだろう?」という事をずっと考えてきた子たちだ。




そして今この瞬間も考えているに違いない。




ずっと考えて、ずっとやってきたからこそ得られた、いや磨き続けられた「感覚」である。




さて、人はこれを「勉強の仕方」もしくは「コツ」と呼ぶ。




この「仕方」ないし「コツ」は、誰かに教えてもらえば即座に使いこなせるようなモノではない。




その人の長年の「経験」とそこから得た「感覚」に支えられている部分が大きいからだ。




もちろん参考にはできるが、即座に使いこなせるとは思わない方がいい。




では、どうするか。




大いに参考にしつつ、あくまでも「参考」に留めておいて、




ひたすらトライ・アンド・エラーを繰り返すしかない。




なぜならそれでしか、その「感覚」は掴めないからである。

タイトルとURLをコピーしました