下地にある知識の量。

塾長の叫び

学校で習う事以外の知識。



例えば今日やった古文で言うと、

「六位を賜る」の「六位」って何?

「忠誠心」ってどういう事?


とかいう、学校では習わない知識。








学年1位の子はそういうのを、

キチンと調べた訳でもないけど、

イメージとして大きな意味では外さない。








こういった、

1つ1つはちょっとした知識で、

テストでも聞かれる事のない知識。







こういう知識の量が、

問題を解く上でとてつもなく有利に働く。







その証拠に、

今回悪かった子に質問を投げかけると、

上手く言葉にできないか、知らないか、なんだよね。









言葉を知ってる、

正確な意味でなくても、イメージを言葉に出来るくらいのレベルで構わない。








それが学力に直結していくんだよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました