不時着→再離陸からの不時着。

塾長の叫び

勉強も穴掘りに似てるなーって思って書いたら本当に穴掘るだけの話になってスイマセン。笑


書いてたら楽しくなって着地点を見失って意味分からん所で不時着してました。笑









この話のジョンは重機使いこなしてスゲー!ってなるけども、

それは彼の「今」を「外」からしか見てないからだね。





ジョンも最初はスコップから始めたのかもしれないし、

その隣で重機振り回す人を恨めしそうに見てきたのかもしれないし。





ただそれは10年前の話、という事。








逆に言うと、ジョンは10年間いろんな穴を掘りまくってきたってこと。



これが経験。







そして涼しい顔してレバーを操ってる様に見えても、

その実、細かい計算と繊細な手さばきで穴を掘っている。



これは外から見たら分からないよね。







・・・







おっといけねぇ。


また行方不明になる所だったぜ。










自分よりも優れた力を持ってる人を甘く見ちゃいけない。


「頑張ったらああなれる」って言うけど

「頑張る」レベルはそれでいいの?



その「頑張り」って、

周りから見たら大して頑張ってないレベルではないかい?



たったそれだけの期間で「頑張った!」って胸張れる?



ジョンにドヤ顔出来る?








ジョンなら言うよ。


「ナメんな」


って。


「その程度で笑わせんな」


って。










たいがい自分が「頑張ってる」って思う時、

実は大して頑張ってない。







頑張ってるな〜って周りから言われる時、

自分からしたら別に頑張ってない。




やるべき事を集中してやってるだけ。




「自分、頑張った!」って思うときはたいてい、

集中が途切れて邪念が入ってる時。







まずは「頑張ってる」って思いが入らないくらいに頑張ってみろよ。



ボブは間違いなく、自分の事を頑張ったとは言わないよ。



タケシは言うかもしれないね。

「頑張ったのにダメだった」って。







君はどう?

コメント

タイトルとURLをコピーしました