仕事の練習?

塾長の叫び

うめざわ塾という環境を見ていると、

何だか仕事の練習をやってるみたい、

と感じる。










何らかの目標があり、それに向かっていく。







分からない事は聞く。




聞く前に調べろ!なんて言われたりしながら。





そう言われたとしても、

何か行動を起こさなきゃ事態は動かない。





目の前の問題は自分で解決するのが責任だし、


その上で何か困ったなら自分が何かを発しなきゃ、誰も動いてくれない。






しかし、誰かが動いてくれたとしても、

最終的に解決するのは自分だ。









成績は報告を、休む時は連絡を、困ったら相談を。










ある程度慣れて結果も出るようになったら、

一人でガツガツ取り組む。







そして成果を持ってくる。











頻繁にお尻を叩かれる。


それはそれぞれの行動レベルを上げるため。






塾でのテストで行動レベルを上げたら、

それをテスト勉強に活かしていく。










そうして学んでいく。











結局、動いた者勝ちだ、と。













どんな小さな事でも、

自分の意志と体で動けば、

その分だけ目標に近付き、

その分だけ幸せになれる。













そうか。













塾生たちは仕事の練習をしてたんだ。

タイトルとURLをコピーしました