何かに熱中する事が一番その人を育てる。

塾長の叫び

将棋の藤井くんをニュースで見るたびに思う。



しっかりしてるな~って。




18歳になったばかりだって。









僕が18歳の時なんか、いかに女の子にモテるかしか考えてなかったからね。笑






人としてのレベルが違い過ぎる。













藤井くんに限らず、

何かに熱中してる人、

例えば野球でもサッカーでも音楽でも、

魚ハカセや野菜ハカセなんかでもいい。












何かに熱中して、

四六時中その事しか考えない。











そういう人って、

発する言葉の1つ1つが「自分の言葉」だよね。












使う言葉はカンタンだったとしても、

自分の思ったことを自分の言葉で表現する。









これが一番人の心を打つし、

だから「しっかりしてる」って思わせるんじゃないかな。










何かに熱中する。









それが何だっていいから、


1日中、


1年中、


1秒1秒、



常に、



その事しか考えないくらいに。










そういう体験が、

人を成長させるんじゃないかな。














僕は塾講師だ。

















だから僕はその「何か」が勉強である、

という子たちを作っていく。

コメント

タイトルとURLをコピーしました