余裕があるフリでいいよ。

塾長の叫び

この時期、受験生の親の心中は穏やかであるはずがないよね。



我が子の希望を叶えるために奔走する。






が、一番走らなきゃいけないのは受験生である我が子だよね。














大会目前、

部活で散々コーチに指摘され帰ってきた子。







「俺、大会でうまく走れるかなぁ・・・」








A「なーん、ダイジョブダイジョブ〜!誰の子やと思ってんのっ♪」



B「そんなんじゃ絶対ムリ!今すぐ走ってこいっ!!」













迷わずAを選ぼう。




心とは全く正反対だけどね。笑






大人の余裕、あるフリで十分だよ。






こっちが内心焦りに焦ってることは隠しておこう。笑







そのはけ口のために、僕がいると思ってくれれば(^^)

タイトルとURLをコピーしました