例えばこういう腹の括り方でもいいと思う。

塾長の叫び

英語があんなにキライだったのに。




あんなに苦手だったのに。






最初は確か、数から始めたっけ。






one

two

three














そんな子が、

ほぼ延長無しで帰っていった。







決して低くはないハードルを、

何とか越えていった。









丁寧なチェックと深い集中。








原動力はきっと


「早く帰りたい」

だ。笑









それでもいい。









どうせ同じ時間を過ごすなら、

早いことクリアして遊んでた方がマシ。










その代わり、

この時間で絶対に終わらせてやる。







延長なんてされてたまるかっ!!











クリア出来るならそれでもいい。









これが彼女なりの腹の括り方。

コメント

タイトルとURLをコピーしました