個人塾と企業塾の決定的な違い①

塾長の叫び
ズバリ・・・







生徒にかける時間!!











これについては、個人塾にはとうてい敵わない。







それは今の僕が証明してる。









夏休み直前、

このスーパー忙しい時期に、

会社のミーティング。









そこで話し合われるのは、

成績アップとはかけ離れた内容・・・









隣の教室長はつまらなさすぎてお絵かきしちゃう始末。











うわっ・・・















うまっ・・・!!















会社的には、

夏期講習の内容よりもこういうのの方が大事らしい。







そして僕が独立を決めた原因も、給料うんぬんよりもこういうのの方が大きい。









ミーティングが終わったら、自分の教室に行けると思うでしょ?







まだまだ甘いね♪







これが終わったら、別の業務があるから教室には戻れないんだ。









会社的には今日の生徒の様子よりも大事なことらしい。









いいですか、保護者のみなさん。









大手・会社だったらそれなりに信用あるでしょ?





それと引き換えに、我が子の事を見てくれる・考えてくれる時間は短くなるんだ。







それを埋めるために教室長はサビ残して疲弊していく。











僕ならどっちに通わせたいか。







間違いなく、我が子をキチっと見てくれる所だね。
タイトルとURLをコピーしました