入れれば入れた分だけ大きくなる、不思議な箱。

塾長の叫び

僕らは、

世にも奇妙な箱を持っている。






その箱は、

最初はとっても小さくて、

何か1つを入れたらすぐにいっぱいになるような大きさ。







でも、

2つ目を入れてみたら、

その分だけ大きくなって入ってしまう。






何かを入れれば、

入れた分だけ大きくなる不思議な箱。








どんなものでも、

入れようとすれば、

どんどん大きくなって入ってしまう。









その広がりに、

限界は無い。









今、

もし君が、

暗記が苦手で悩んでるとしたら。










それは、

君が今まで、

その不思議な箱を、


広げてこなかったからだよ。







アイツと同じくらい覚えられるようになりたい!












そう思うならね。






その箱を広げるんだよ。







どうやって?

って?









方法は1つしかない。








入れるんだ。






必死になってさ。






それからね。





入れたはずのもの、





ちゃんと入ってるか確認するんだよ。







この箱は本当に奇妙だから、

さっき入れたはずのものが、

いつの間にか無くなってたりするんだ。









でも大丈夫。





ちゃんと入ってるのをね、

いつも確認してたらね、

無くならないから。










1つ1つ、

ちゃんと入れて、

ちゃんと入ってるか確かめてたら、

絶対に覚えられる。











で、


ちゃんと広がってくれる。










君も、

そういう素晴らしい箱を、


ちゃんと持ってる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました