効率のいい勉強法って何ですか?

塾長の叫び

効率のいい勉強法。


少しネットを叩けばいくらでも出てくるし、

ちょっと先生に聞けばいくらでも教えてくれる。


やり方なんかそこら中に溢れてるんだ。





でも結局、

出来る子と出来ない子の差はある。





何が違うのかって、

単純に気持ちの差なんだよね。





この問題、解けないなんてくやしーー!

絶対にこの単元覚えてやっからな!!

今に見てろよ、今度のテストで抜かしてやるからな!!

もっと、もっと取れたはず!
次こそは必ずもっと取ってやる!!





挙げたらキリないけど、

こういう類いの気持ちになれるかどうかで、

勉強の仕方が変わるんだ。


こういう気持ちになったら、

今まで知ってるだけだったやり方に、

真剣にトライしてみたりするんだ。





取らないとヤバい。

もっと取りたい。





長い目で見れば、

もっと取りたい、

の方がいいけど、


勉強するキッカケになるなら、

取らないとヤバい、

でもいいと思う。





どちらかというと、

勉強し始めなら「ヤバい」で追い込んで、

少しでも結果が出れば「もっと」でモチベーションを上げていく。


そんな感じかな。




勉強のやり方なんて、

知ってるだけじゃあ意味ない。


というか、

既に知ってる事ばっかりじゃない?


勉強にコツは少しくらいはあるのかも知れないけど、

気持ちに勝るほどの効果はないよ。





そして、やるとなったら徹底的に。


中途半端にやってみて、

結果出なかったらそこでやーんぴになっちゃうからね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました