勇気をもらえた。

塾長の叫び

子どもたちには、大人の想像なんか軽く越えちゃうくらいの、大きな大きな可能性を持ってる。




僕が前職時代に見ていたある生徒。




中2〜中3まで見ていたんだけど、当時は平均点を下回り、北陵高校にやっとの思いで合格した。




ここからは僕の退職後の話だけど。




合格後にその塾は辞めたけど、1年生のうちに戻ってきた。




勉強は得意じゃない、完全にそういうタイプだったけど、




凄まじい集中力でメキメキと実力をつけていった。




これは当時、僕も感じていたことだけど、得意じゃないけど、その集中力は凄まじかった。




休憩時間はキャハキャハするのに、勉強が始まると無駄口は一切叩かない。




負債は多かったが、受験生となってからの巻き返しは目を見張るものがあった。




さて、この子は今、高3になっていて。




なんと金大を目指しているのだという!




願望や妄想ではなく、模試でC判定、リアルにたどり着ける可能性があるのだと!




僕がこの話を聞いたとき、本当に、改めて、思った。




子どもたちは僕らの想像なんか軽く越えちゃううんだなって。




それと同時に、凄まじい勇気をもらった。




ありがとう。




そして、心から応援してる。

タイトルとURLをコピーしました