勉強が楽しいと思える瞬間。

塾長の叫び

問題が解けた瞬間。



分かった瞬間。



立てた予想がドンピシャで当たった瞬間。




1ページの中でそういうのが多ければ多いほど、楽しいと思える。







決して「おもしろい解説を聞いたとき」ではないのだ。




それは「解説してくれる人がおもしろいと思った」というだけで、

勉強そのものの面白さではない。







マルの多さから始まって、

自分の中で難しめの問題を自力で解けて、

複雑な問題の糸を1本1本ほどくように考え、


解けたらめっちゃ嬉しい♪


解けなくても「ここまでは合ってた!」ってね。








そうするうちに、背景にあるものが見えてくる。



全く別の単元・分野・教科だけど、

奥の方で繋がってるのに気付く。






世紀の大発見!とばかりに、見つけ出した自分に酔いしれる。



もっと知りたい。


もっと見つけたい。


もっともっと、新しいものを見てみたい。






知ることは、それだけで喜びである。






そのことに気付くための1つのキッカケが「おもしろい解説」なだけである。







ちなみに僕は「おもしろい授業」大好きだよ。




その位置付けを間違えちゃいけない、といつも自戒しているって話。

タイトルとURLをコピーしました