勉強の仕方じゃないんだ、問題は。

塾長の叫び

「ウチの子は勉強の仕方が分かってないみたいで・・・」


「勉強の仕方を教えてあげてください」


というお母さんは多いが、問題はそこじゃないんだ。


さっきも書いたけど、


何が出来て、何が出来てなくて


何が分かれば出来て、何が分かってなくて


で、前に進むために、今、何をすべきか。




これだけなんだ。





「何が出来て、何が出来てなくて」は、テストや問題集やノートを見れば一目瞭然。



「何が分かれば出来て、何が分かってなくて」は、問題集を回してたら見えてくる。


「前に進むために、何をすべきか」は、覚えるor理解する、そのために必要なら調べたり質問したりする。


そして、反復。






それが出来ていないのなら、それは「勉強の仕方がわかってない」んじゃなくて、


勉強してないんだよ。




勉強して、勉強して、出来るようになりたいなぁ、なんで出来ないんだろう、


っていう気持ちを持ってないんだよ。





そういう気持ちが強くなれば、勝手に行動は変わり、考え方も変わっていく。



これがなかなか、骨の折れる工程なんだけどね。




とにかく、「勉強の仕方」が先にあるんじゃなくて、


「勉強する」が先なんだよ。

タイトルとURLをコピーしました