勉強の半分は聞くことで、もう半分は考えること。

塾長の叫び

勉強を始める上でまずしないといけないこと。








それは「聞くこと」である。





「聞くこと」と言われると、

先生の話を聞くことだと思いがちだが、

僕の言うのはそれに限らない。








教科書に書いてあることを読む。



テキストにまとめられた箇所を読む。






これも、外からの情報を自分の中に入れるという意味では「聞くこと」と同じである。









そもそも、

何に関しての話なのか、

何を考えないといけないのか。



それが分からないと何も出来ない。








この次にするのが、

「考えること」である。






さっき聞いたことについて、

一体どういう話だったのかを考える。


全て理解できたのか。



聞きそびれはないか。





そして設定された問について考える。




分からなくたっていいから、

一生懸命考える。









一生懸命考えたら、

自分の出した答えが知りたくて仕方がなくなる。








自然と、

答え合わせをして、

合っていたらこの上なく嬉しいし、

間違っていたなら悔しくてどこでどうして間違えたかを考える。







そうならないってことは、

ちゃんと考えてなかったってことだね。









そして次の単元へ。







また「聞くこと」から始まり、

そこから「考えること」でより深まる。









だから勉強の入口である「聞くこと」が出来ないと伸びない、とさっき書いたのである。

タイトルとURLをコピーしました