勉強は眼前を明るく照らしてくれる。

塾長の叫び

日々のあらゆるニュースを見て、




それが正しいか誤りか、自分はどう思うか、賛成or反対orどちらでもないの理由はなにか。




だから自分はどう動くのか。




そういった判断の、全ての下地になるのが「勉強」だ。




勉強しなければ全ての判断を間違い、勉強すれば常に正しい判断を下せる




とは言う気はないが、確率を上げ、誤った時の軌道修正が容易になる、というのは断言できる。




その点に関して言えば「いつまで、どこまで勉強すれば」というのは無いし、




「高校受験、大学受験があるから勉強する」「受験しないから勉強しなくていい」というのも無い。

タイトルとURLをコピーしました