勉強は面白いもの。であるが・・・

塾長の叫び

「この問題、面白いっすね」








はい、頂きました。



勉強おもしろい宣言。











彼は夏前まで、

家ではほとんど勉強してこなかった(らしい)。








うめざわ塾に入塾して半年、

恐らくもっと前から感じてたとは思うが、

今日ようやくその声を聞いた。













うめざわ塾では何をしたか。










強制力をもって自由に勉強させる、だ。









そこに「面白い授業」や「寄り添うコミュニケーション」は無い。









いや、あったかも知れないけど(笑)、

それが主たる要因ではない。











毎日のテストで越えるべきハードルは常に示してきたし、

越えられないと脅しもした。







夏休みには率先して休憩をねだっていたが、今はもうない。








越えるべきハードルを自力で越えてみせ、テストで結果を出した。




それで自信を強め、入試が目前に迫る今、


塾での時間を「健全に」楽しんでいる。




つまり、勉強の面白さを自分で見つけてきたんだ。












僕はね、「勉強の楽しさを教えます!」とは言わないよ。









勉強の楽しさくらい自分で見つけなさい。



勉強に楽しさを求めてる時点で、見つかりはしないがね。













でも真剣に向き合ってたらね、

必ず見つかるよ。




だって勉強には確かに「面白さ」は存在してるから。












さて。











第一志望は連続でA判定を出している。







しかし緩むことはない。






勉強に面白さを見出し、

今の状況を楽しんでいる彼は、

これからさらにギアを上げていくよ。

タイトルとURLをコピーしました