勝手な判断でマルをつけさせない。

塾開業

個別指導をやっててずっと気になってた事。


マルを付ける基準が甘い。


今の塾は、

マル付けはほとんど生徒自身にさせる。


そうすると記述なんか、

「だいたい合ってる」

とか言ってマルを付けるけど、

よく見てみたら全然バツだった、

みたいな事がよくあるんだ。


人間、自分に甘いから仕方ないよね。笑


でもね、それじゃあ絶対に点上がらないでしょ。


成績上げるためには、

生徒自身の「マルかどうかを判断できる力」を

付ける必要がある。


だから、

小テストのマル付けは隣の子と交換してもらう。


そして判断に迷いそうな問題は基準をちゃんと示す。


それでもビミョーな場合は僕に聞いてくれたらいい。


マル付け中は机を見て回るし、

マル付け終了後は回収して再チェックする。


ズルはなしだ。笑


逆に、友達の答案のアラ探しを大いにしてほしいと思ってる。


そうする事で、マル付けの基準を上げてほしい。


この力はテストの結果に直結するから、

小さい事かもしれないけど、

僕は大事にしたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました