受け身と使役

雑談

ムスメのく○んの宿題にて。




正解:とおるくんはお父さんに反対されませんでした。




ムスメの回答:とおるくんはお父さんに反対させませんでした。




おぉ笑




たったひらがな一文字で、とおるくんの性格がまるで違ってしまった笑




文法で言うと「受け身」か「使役」かという話だけど、日本語はそこを平仮名一文字で使い分ける。




英語では、受動態はO1を主語としてSをM(または省略)とする、だとか、使役はlet,make,have+O+原形不定詞、だとか、逆に複雑そうなことを習うわけだけど。




思うに言語系の科目で苦戦する子には、そもそも日本語において受け身や使役と「〜する」との区別が曖昧な子が多い。




あまり「平仮名一文字の違い」を気にしてこなかった、というか。




僕はこの手の学習には、「会話」における「ツッコミ」が効果的だと思う。




それは「勉強」や「宿題」に限らず、団らんや遊びの中でも十分。




もう少し欲張れば、子の「〜した」を「〜された」や「〜させた」に言い換えてあげると言語感覚が磨かれるとともに、




時に笑いがこみあげ会話が盛り上がる、みたいなことも起こるからサイコーだよ♪




さて、今日はムスメの「間違い」のおかげで少し盛り上がったから、




ついでに音読指導で大爆笑、逆に「もっともっと!」とおねだりをかわして寝かせるのに苦労したという笑

タイトルとURLをコピーしました