受験生は肌で分かっている。

塾長の叫び

塾生「やってたら勉強のコツって分かってくるよね」




そうだ。


勉強にはコツがある。





しかし、コツだけを教えてもらっても何も変わらない。




この受験生が偉いのは、

そのコツを自分自身で足掻きながら手にしたというところだ。







この子は当初、高校で言うと西かな~?というレベルだった。





今は二水を目指している。




合格するだけの力は十分に、十二分にある。








1年足らずでそこまで駆け上がれたのも、

もがき苦しみ考え抜き、

その中でも希望だけは捨てず、

身につけた一つ一つを大切にして来れたからである。








コツは自分の経験から身に付くものであって、

他者がどうのこうの言って身に付くものではない。








今回、400点を超えた子たちはその感覚が分かっただろうし、

惜しくもあと数点で届かなかった子たちは掴みかけただろう。









それを次は、もっと精度を上げていけばいいのである。







そうしてこそ伸び続けるのだ。

タイトルとURLをコピーしました