塾選びは親の仕事。

塾長の叫び

うめざわ塾の塾生のほとんど全員が、

塾選びは「親」がやった。







この塾どうかな



くらいは話したと思うよ?








でも、最終的にうめざわ塾のドアを叩く決意をしたのは「親」である。






家庭内でどういう話がされたのか、

僕は知らない。








が、たいていが

「塾?えぇ〜・・・」

と言われただろう。笑





そしてチラシなりブログなりを読んで


「いや〜・・・これはキツいんじゃ・・・」


と言われただろう。









しかし。









我が塾生のパパママはある意味、断行したのだ。









その結果、

すでに80%の塾生が成績アップを成し遂げた。







そのうちの1/3が100点以上アップ、


50点以上はほとんど全員が経験した。









これ、言っておくけど、

塾では驚異的な数字だからね?










大人は子供よりも、

広くたくさんの事が見えている。




我が子の現状と将来を色んな面から見る事が出来る。








子供は目の前の事しか見えてない。






友達がいるから(=遊べそう)





楽しそう(=楽そう)


である。





大人の、親の「直感」を信じるんだ。





それを信じていいだけの経験を、

あなた達はしてきたのだから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました