多くの子が見逃す感覚。

塾長の叫び

勉強するうえで、多くの子が見逃す大切な感覚。


「モヤモヤ」解説を聞くとき、問題を解くとき、何かを覚えるとき、


「ん???」となる感覚。







しかし。








多くの子がこれを見逃す。






見逃すか、今まで見逃し過ぎて自然とスルーしてしまうか。







だから質問したり、調べたり、

という行動にまでいかない。








ふ~ん


ま、そういう事にしとくか。












を無意識下で繰り返し繰り返しやってしまう。















この感覚のままじゃあ、あるラインまでしかいけない。



恐らく、定期テストで400点弱がその限界点。




「理解する」を無視し、

ただただ暗記で済ませようという姿勢でたどり着けるマックスが370・380くらい。









それに気付けるか、


「このままじゃあこれ以上は取れない」と感じることが出来るか。






今、2年生たちはその事に気付き始めている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました