大事なのは量とスピード

塾長の叫び

「どうやったら点数上がるんだろう・・・?」





誰しもがぶつかるこの問題。






「○○な勉強法!」とか「△△日でマスター!」とか、

ちょっとネットを叩けばすぐに出てくるから、

その辺はググってみたらいいと思う。











ただ、どんな方法を取ったとしても、


結局「量」と「スピード」がカギを握るんだ。







「量」とは







これはカンタン。




とにかく勉強時間・進めるページ数・反復する回数、それらを増やす事。


今まで1時間しかしてなかったのなら3時間してみる。


今まで2ページずつ進めてたなら4ページずつ進める。


今までテキスト1周して終わりにしてたなら3周する。




こうして、とにかく「量」を増やす事。














「スピード」


これは勘違いしやすいんだけど・・・




早く進めりゃイイってもんじゃないんだ。




僕の言う「スピード」ってのは、取り掛かるまでの早さ。


「勉強しよう!」と思ってから実際にするまでのスピード。

1区切りついてから次のものに取り掛かるまでの早さ。

「分からん!」ってなった時どうするか、

誰かに聞くのか、説明を読み直すのか、解説を読んで理解するのか、

なんでもいいんだけど、とにかく次に取る行動までの早さ。








頭を、


目を、


手を、


体を、




休める事無く次の行動に移せるか。







こういう「取り掛かるまでの早さ」を意識してると、

長い目で見れば全体的な進めるスピードにつながる。










特に、受験勉強っていう長期戦になるとね。














つまり点数を上げるには、

「今までよりも長い時間勉強し、ページ数や繰り返す数を増やし、1つ終わったらすぐ次に取り掛かったり、分からない時はすぐに解決する方法を探ったりする」

ことが大事。










そしてもちろん、

そういった行動を取るためのベースは「成績上げたい」「このままじゃマズい」という

「意識」である事は言うまでもないよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました