大学入試には部活控除などないのだから。

塾長の叫び

高校生は想像以上にしんどい。




進学を、それもある程度以上の大学進学を目指すのなら、

「華の高校生活」とは程遠い日々を過ごすことになる。








ただえさえ勉強レベルが、内容も進度も段違いに上がる。





毎日の予習復習は必須だ。





一度気を抜けば最後、

美しいまでの転落劇を演じることになる。









それに加え、部活動もパワーアップ。




時間も体力も相当持っていかれるよ。







「勉強と部活の両立」とは、

口で言うほど簡単じゃないんだよね。








僕は、だからと言って「部活に入るな!」とは言わない。








入りたいなら入ればいいと思う。





ただ、その分の時間と体力が持っていかれるって言うのは覚悟の上でね。







「部活で疲れたから」なんて、

勉強しない言い訳には一切ならない。







大学入試には、部活入ってたから合格点を低くしてくれるなんて制度は無いんだから。









大学に行きたいなら勉強して実力をつけるしかない。





部活をしたいなら思いっ切りすればいい。








ただ、どうせやるなら、


そのどちらに対しても、しょーもない言い訳を繰り返さず何としてでもやり切る、


くらいの覚悟はしとけよって話。

タイトルとURLをコピーしました