失敗≠無駄

塾長の叫び

仮に僕が「効率的な勉強法」を教えたとしよう。



僕がどれだけ熱を込めて、

どれだけ論理的に組み立てて、

どれだけ分かりやすく伝えたとしても、


それを実行できる子はほぼいない。









なぜだか分かるかい?









その意思が無いからなんだよね。



簡単に言うと「やるつもりがない」って事ね。








じゃあどういう時に「その意思」が出るのか。




それは自分の内から「気付き」を得た時なんだ。








その「気付き」はいつ得られるのか。








失敗し、その失敗を直視した時だ。




失敗とはうまくいかなかった時だ。





勉強で言うと、「頑張ったのに点が上がらなかった」みたいな時だ。














失敗は良くない事。


出来るだけ失敗しないように。



最短距離で成功を手に出来るように。









僕はね、こういう

「失敗はムダ」「失敗=ムダを省いて合理的=効率的に」


という考え方が大嫌いなんだ。









失敗はムダじゃない。







うまくいかなかった時、それをじっくりと見て、

「次はこうしてみよう!」と思ったのなら、

それがどんなに非効率なやり方だったとしても、

「その時の君」にとっては唯一の正解。





それでうまくいけばヨシ。




それでまたうまくいかなければ?








もう一回「次はこうしてみよう!」と思ったらいいじゃないか。











そしてうまくいったときは、

「もっとうまくいくようにこれをもっとしよう!」

とか

「あ、実はそっちのやり方の方がカンタンなんじゃね?」

とかね。














そうやって積み上げていく「君だけのノウハウ」は、


どんなに有能な人が編み出したノウハウなんかより、


ずっとずっと君の人生を彩る事が出来るんだよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました