嫌で嫌で嫌で嫌でたまらなかったあの時。

塾長の叫び

ホントにね。




何回やっても上手くいかなくて、


もうホントに嫌で嫌でたまらなくって、


泣きながら勉強してた君がね。









今、1番力強く机に向かえてるだなんてね。









そういう事なんだよ。








あの時、




嫌で嫌で嫌で嫌で、




逃げ出したくってたまらなかっただろうね。








でも、逃げなかった。







逃してくれなかったのかもしれないけど、


最終的に「逃げない」と決めたのは君だよね。









あの、


自分が嫌いになるほど繰り返した失敗があったからこそ、


そしてその度に自分で工夫を凝らし続けたからこそ、



今の姿があるんだよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました