嬉しい申し出である。が。

塾長の叫び

塾生「日曜日にカギ借りてもいいですか?」




中3生からついにその言葉が出た。




ついに受験を本格的に「自分事」として受け止め始めた証拠である。




彼に対する僕の答えは




「まだダメ」




心から嬉しい申し出であるが、まだダメなのだ。




理由は話した通り、




僕はまだ「君ら」を「受験生」とは認めていない




からである。




「君ら」が「心から学力を欲した」ときまで、僕はOKを出すつもりはない。




まだまだ、やれることはあるだろ?

タイトルとURLをコピーしました