子供に「危機感が無い!」と責めるのは間違っている。

塾長の叫び

さて。





ではその「優先するもの」を変えるにはどうしたらいいか。



本当にね、途方もなく地道な努力の積み重ねになるよ。










一番いいのは「強烈な意思」







しかし。








こういうのは急に出てくるものじゃない。





最初はたいがい「ちょっとヤバイかも〜」だからね。






もしかしたら本人は、ヤバイとすら思ってないかも。









そういう時には強烈なキッカケ、

例えば強烈な危機感が必要なんだけど、

これがまぁ、なかなかやって来ないんだわ。笑









だから、周りの人が作ってやらないといけない。








いきなり、ガラッ!と変わるキッカケを与えるのは無理だよ。





というか、そういうのは期待しないほうがいい。









そんな事より少しずつ少しずつ、


ドミノを作るように地道に1つずつ、


動いていかなきゃならない。










しかもだ。








ちょっとイイ感じになってきたかな〜♪


と思って気を抜くと、一気に倒れて元通り。




またやり直し。






辛いよね〜。







それでも諦めずに進んでいけば、


いつの間にか素晴らしいドミノの出来上がり!
















子供に「危機感が無い」のは当然なんだよ。





先の事がイメージ出来ないんだもん。






だから子供に「危機感が無い」と責めるのは間違ってる。






子供に「危機感が無い」のは、


親が危機感というキッカケを作ってこなかったから。










さぁ。





今からでも遅くはない。







時間がかかるかも知れないけど、

最初の1歩を踏み出さなきゃ、

いつまでたっても始まらない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました