守破離である。

塾長の叫び

初めは基本に忠実に、基本を体に染み込ませ、

いつでも出来るようにしておく。





これが入口だ。


これには結構な時間が掛かるが、それだけではどこかで頭打ちする。






僕の感覚で言うと、

偏差値55くらいに天井がある感じかな。







その基本1つ1つをちょっと俯瞰で見て、

共通点を見つけて一般化する。





「これとこれって全然違うけど、やること同じやないかっ!」って感覚ね。







これが出来ると1つ目の天井を突破できる。






でも、すぐに次の天井にぶち当たる。


偏差値60〜65くらいだろうか。








この天井はなかなか厄介だ。




これを突破するには「忘れる」ことが必要となる。






今まで基本に忠実に守り、

それらをある程度パターン化して習得してきた常識を、

一度捨てる。








とても勇気のいる事だ。



非常に厄介である。








しかし、難関校の問題を解いていると、

急に電気が走る瞬間が訪れる。






今までとは違う解法、ものの見方、問題の捉え方。







それらに触れ、欲し、習得する。







そういう、言わば電気ショックを受け続けていくと、


勉強をしてきた中で作り上げた「常識」が崩れていく。







これは悪いことじゃない。






今まで一生懸命作り上げてきたこの常識は、

壊しても決して粉々にはならないから。






一度崩れてバラバラになった知識たちを新たに組み直していく。






意外と、組みやすく感じる事だろう。









こうすることで第2の天井を突破し、

偏差値70以上への道が開ける。








とここまで書いて、守破離みたいだな、って思った。

タイトルとURLをコピーしました